ワーキングママのブログ

横浜市在住の都内で働くワーキングママ。第二子を出産して2017年5月より仕事復帰。

マキタのコードレスな掃除機!充電式クリーナー購入レポート「CL102DW」(2) 購入後

f:id:GoemonRock:20160126143840j:plain

マキタのコードレスな掃除機「CL102DW」を購入しましたのでその後のレポートです。

 検討までの経緯はこちら↓をご覧ください。

さて、3歳娘の「私も掃除機したい!」に圧倒され購入したマキタの充電式クリーナー「CL102DW」ですが、実際に使った感想をお届けします。

製品本体・付属品など

本体の全体像はこんな感じ。
デザインがイマイチという口コミを見かけますが、私はこの主張しすぎないレトロな佇まい(?)が結構好きです。
f:id:GoemonRock:20160126144335j:plain

置く場所は悩んだのですが、とりあえず娘がすぐに使えるようにリビングの隅っこに立てかけておくことにしました。
普通にしていれば倒れてはきませんが、おそらく地震や不意にぶつかった際は簡単に倒れてしまいますので、本来であればフックなどに掛けて置くなりしたほうが良いかと。

ヘッドにロゴが付いています。
f:id:GoemonRock:20160126143840j:plain

カタログやいろんなサイトで見る製品画像にはなかったので、比較的最近付いたものなのかも。
ロゴはプリントではなく、立体的でこれまたレトロでかわいい。

上部にバッテリーをセットして使用。

f:id:GoemonRock:20160126145112j:plain

一見バッテリーが小すぎて不安になるレベルですが、しっかり吸い込んでくれます。

スイッチは、ボタン2つのみ。
[HIGH/LOW]ボタンでスイッチオン→再度押すと強さが切り替わります。デフォルトはHIGH。
f:id:GoemonRock:20160126145119j:plain

付属の充電器。業務用を思わせるデザイン(笑)。
f:id:GoemonRock:20160126145507j:plain

これまた小さいので棚にしまって、充電のときだけ使うときだけ出してます。
50分で満タン充電!
HIGHモードで13分、LOWモードで21分間動作します。
ちゃちゃっと掃除しても、ちょっと念入りに掃除しても十分な時間かと。

我が家では食卓下の食べこぼし、洗面所の髪の毛、ソファー下のほこり、たまにワッサーと抜けている猫の毛、など気になる場所をちょこっと掃除する形で利用していますが、それでも週1回の充電で大丈夫な感じです。

付属の紙パック10枚入り。

f:id:GoemonRock:20160126150906j:plain

Amazonだと下記から購入可能。
479円(2016.1現在)ですので1枚当たり50円弱。
ネットの口コミでは、都度紙パックフィルタのゴミを捨てて繰り返して使っている方もいるようです。

makita 充電式クリーナー(4072、4073、4076DW、4093)用 紙パック 抗菌仕様 10枚入 A-48511

makita 充電式クリーナー(4072、4073、4076DW、4093)用 紙パック 抗菌仕様 10枚入 A-48511

 

 繰り返し使える不織布製のダストパックも付いています。

f:id:GoemonRock:20160126151444j:plain

紙パックが330mlなのに対し、こちらのダストパックは500mlと大きめ。
こちらのほうをセットしたほうが吸引力が高いという口コミもありましたが、我が家ではフィルタからゴミを叩いて捨てるのがいや、洗うのが面倒くさい、と言う理由で紙パック1本で行きたいと思います。

ちなみに、ダストパックの中にティッシュペーパーを敷いて使っている方もいました。
中にティッシュ敷くことで、フィルタが汚れにくく、ゴミを捨てる際は中のティッシュを取るだけでゴミがスムーズに捨てられるようです。

フィルタ交換の際は、ワンタッチでオープン。

f:id:GoemonRock:20160126152351j:plain

オレンジの部分と一緒に引き抜くと簡単に取れます。f:id:GoemonRock:20160126152401j:plain